ipv6のメリットをチェックしてみました


家のインターネット回線(光)って最近種類多すぎない?(汗)

前までフレッツ光しかないと思ってたのに、今はドコモ、au、ソフトバンクなんかでも光回線契約できますよね。

この前、ドコモショップ行ったら「ドコモ光にしませんか~?セット割で安くなりますよ~」って若いイケメン店員さんに言われて思わず契約しそうになったんだけど、そのときはどうにか踏みとどまりました(笑)

でも安くなるならいいよね、と思って次の日ドコモ光の評判調べてみたら、けっこうマイナス評価が目立ってるんです。「これは乗り換えちゃっていいのかな?」と不安になる・・・。

ただ、満足してる人の評判には「ipv6」って言葉がかなり入ってたんですよね。

そこで、この「ipv6」に対応してるとどんなメリットがあるのかを知るため、まず評判を調べてみました。

ipv6の評判は?


ipv6に対応している仕組みをv6プラスって言うそうなんですが、これに対応してると速くなるメリットがあるらしい。
(参考サイト>>v6プラスの評判

そこで、「ipv6」を体験してる人の評判をチェックしてみたらこんな結果に↓

メリットを感じている人の評判


  • アクセス殺到でサイト繋がらない中、ウチはグリコピアの見学会予約さらっと取れたらしい。IPV6ハイブリット効果か

  • IPv4からIPv6に変えたら劇的に改善

  • IPv4だと平均630KB/sなのにIPv6だと40MB/sなのでISPのv4側が混雑してるのかな

  • VPNサーバとProxyサーバを立て、そのProxyサーバ経由で外部通信すると、200~300Mbpsの速度が出る。IPv4 over IPv6恐るべし

メリットを感じていない人の評判


  • iPv6にしたからか、wifiルーター変えたからか、原因はわからんけど最近ゲームの通信がよく途切れる

  • IPv6契約に変更してみたものの、体感差はあまりない


専門用語的な言葉がいっぱいあって逃げ出したくなりながらチェックしてみると、改善した、速くなったって評判多めに感じました。中には変わってないって評判もあったけど数は少なめ。ここでは意味不明な用語は無視するとして、とりあえず速度が速くなるメリットがあるのは間違いなさそうです。

ipv6、なかなか出来そうなやつですね。

ipv6対応のメリットは?


メリットは回線速度が速くなる!

これです。速ければすごく感動的なシーンで読み込み始まって気持ちが萎えることもありません。ライブ動画見ててこれからサビってときに待たされることもありません。十分なメリットですね。


もう、心の中ではipv6のあるドコモ光に乗り換える気満々。ですが、一応ipv6がなんなのか調べてみたら、知恵熱が・・・。やめました(笑)。

念のためウィキペディアに載ってたものを転載しておきますね↓。とことん知りたい人は調べてみて下さいませ。
Internet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)、IPv6(アイピーブイ6、アイピーバージョン6)は、Internet Protocolの一種で、OSI参照モデルにおいてネットワーク層に位置付けられるプロトコルである。

現在主流のIPv4では使用可能なIPアドレスが約 232(約43億)個であったが、IPv6では約 2128(約340澗 = 3.4×1038)個使用可能となっており、大きな特徴の一つである。実際、ISPの一般向けIPv4接続サービスはアドレスをひとつだけ割り当てるものが主流だが、IPv6接続サービスでは/48~/64の大きさのアドレスブロックが割り当てられることが多い


ipv6のあるドコモ光は?


ここからはドコモ光を狙ってる人向け、私がピックアップした候補を比較したみた結果です。フレッツ、au、ソフトバンクの光回線を契約したい人は×ボタン押して他のサイトで調べて下さいませ。

まずipv6のあるドコモ光で気になったのは


  • GMOとくとくBB

  • ソネット

  • BIGLOBE

  • @nifty



の4つ。

それぞれの評判を調べてみると、ソネットは悪い評判が多かったのでパス。残り3つのうち、GMOとくとくBBのipv6が測定結果も掲載して速いって声が多かったです。

とりあえず私はこの方の評判を信じることにしました↓


お犬様のアイコンがかわいいので(笑)

GMOとくとくBBのドコモ光のキャンペーンとか契約するメリットをもっと知りたい方は公式ホームページへどうぞ!

こちら>>GMOとくとくBBのドコモ光 お得なキャンペーン実施中!


このエントリーをはてなブックマークに追加
最新の記事